こんにちは、人見知りナースマンブロガー(@you4618)です!
ぼく自身も離婚歴があるので、バツ2のシングル(独身貴族)なんです。

看護師をしていると、周りは女性の看護師が多く、シングルマザーの方もいます。
よく聞くのは看護師だと、経済的に夫に依存をしないでいいから、きっぱり別れるとよく聞きます。
しかし、単純にそういうケースばかりではないようです。
現場で見てきたり、近くで見てきたので考えてみました。

夜勤など勤務などですれ違い

看護師の勤務は不規則。
その方の、働き方というか契約によりますが毎日、9時~17時というわけにはいきません。
当直で夜に仕事をしたり、お昼から仕事に行ったり。
研修、勉強会などが仕事終了後や休みの日にあるのですれ違いが生まれます。

実際は白衣の天使ではない

白衣の天使というイメージ自体に個人差があるとは思います。
男は、大人の映像作品に出てくる優しくて大人な看護師さんが頭にインプットされています。
映像の中では入院中に、あんなことやこんなことをしてみたりすることもw

ぼくが看護師になる前に、同級生の女性看護師に、夜勤中にそういうことするの?
と本気で聞いて、ドン引きされたこともあります。

優しい看護師も少しはいます。
優しい看護師は絶滅危惧種として保護したいくらい。
僕の体感だと、気が強いのでズバズバと発言したりする看護師が大半。

結婚する前に、きちんと相手を理解しましょう。
旅行に行ったり、同棲をしたりしてお互いの裏の顔まで理解しましょう。

給料の格差

男は、いつまでも心がせまくて幼稚。
体は大きくなって、白髪が混じっても、加齢臭がしても心は小学生。
小さいころから高いところに登るだけで嬉しかったり、女性より上にいたい。
優位に立ちたい、マウントをとりたがる男。
給料が、同じか女性のほうが高いとひがんだり、男が色々と言ってくるのが面倒なようです。

ナースマン的まとめ

一緒にいる時間が少ない、子供がいるから、給料がと色々な理由があったとしても結局は二人の気持ち次第。

男性は単純だから、「ありがとう」「すごい」「こんなのはじめて」この三つを使っていれば基本ご機嫌です。

女性は、共感と感謝。小さなことへの気付きなど色々あります。
それが出来ていなかったから、バツ2なんですけどね。