インプレッションが爆増した話

                            (2019年3月25日時点 同月23日に投稿)

この画像は、僕のツイートなんですが大興奮したのを今でも思い出します。
まだまだ弱小のツイッタラーの僕には、今年で一番嬉しかったことです。
投稿すると、著書である箕輪厚介さんからリツイートしていただいて、ものの数時間でインプレッションが10,000を突破しました。

普段のツイート数が少ないから、インプレッションも当然少ない毎日での爆増。
いわゆる伸び率ってやつですね。
普段から、安定している方からすると普通の事なんでしょうけど、伸び率が半端ないです。

3月21日に箕輪厚介さんの佐世保での講演会に参加せず

【佐世保・長崎を中心に拡散希望!】

今週木曜日あの 幻冬舎の箕輪さんが
佐世保にお越しになります!

みなさん、チケットのご用意はできてますか?https://t.co/pQKXxoOXLQ

こちらでご購入できます!

佐世保を元気にすべく実行委員会メンバ-西から日本を元気にしようとがんばってます!— りえこ@長崎 佐世保の三代目|多動力経営者|ヒューマングループ専務取締役 (@rieko0510) 2019年3月18日

上記のツイッター上のタイムラインに流れてきて、目にとまりました。
堀江貴文さん、前田裕二さん、西野亮廣さんの本を買っていたし、箕輪厚介さんを追っかけている自分もいたので、佐世保に来るなんてもうチャンスだと思いました。

リプをしてりえこさんとツイッター上で箕輪狂介さんもサプライズで出演されたらいいですねなどとやりとりをしたのですが、チケット購入ボタンを押す寸前までいったのですが僕は結局は行かなかったんです。

僕自身、仕事に心も体も疲れてしまい1月末で仕事を辞めて、リフレッシュしていた真っ最中。
近所で元の職場の人に出くわしてからじっと見つめられたこともあり外出するのをためらってしまいました。
もし会場にいたらどうしよう文化ホールなので室内だから逃げられないそう考えてしまいました。逃げ癖がついているのかもしれないです。

当日も、その時間には当然普通に佐世保にいるし家にいたので、時計をチラチラとみながらパソコンで作業していたのですが全く集中できませんでした。
講演している時間や夜の打ち上げをやっている様子のツイッターをチェックしている自分。
だったら行けば良かったのにと後悔ばかり。

講演会は行かなかったけど、サイン本だけでもどうにか手に入れたいと思い、りえこさんに連絡をすると、TSUTAYA BOOK STORE佐世保五番街においてあると確認しました。
早速、23日夕方に行く予定がいてもたってもいられずに、五番街の駐車場に8時30分に到着して9時の開店と同時に店内に入り探してもわからなかったので城野店長さんに聞いて無事にGETしました。

帰ってから、おそるおそるラッピングを外してサインを確認。
あーここに、ようへいって入れてもらえたらもっと良かったのになと思いながら、表紙の写真を撮影。
箕輪厚介さんへのメンション、りえこさんと城野店長に感謝の意味を込めて気軽にツイートしました。そしたら、まさかのインプレッションが爆増。
バズは狙えないと聞いていたし、今回のはバズでもなんでも無いのですが、自分が読まれるだろうというツイートと受けてが読みたいと思うツイートは違うんだろうなとつくづく思いました。

1リツイートを箕輪厚介にしていただく事によって、おそるべし箕輪砲!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

死ぬこと以外かすり傷 [ 箕輪厚介 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/3/26時点)

 

 

3月21日しゅうへいさんというインフルエンサーの方も佐世保で講演

3月に入ってからツイッターに取り組むきっかけをもらったしゅうへいさんが佐世保に来るということ。
それも、箕輪厚介さんと同じ日でほぼ同時刻なので迷いました。両方行くのは無理だしどうしようと相当悩みました。

しゅうへい佐世保という長崎県立大学でのイベントでした。
行きたかった・・・もう後悔でしかありません。
YouTube・Voicyでみるしゅうへいさんが遠い存在過ぎる。

(2019年3月25日時点 同月23日に投稿)

23日に起きたもう1つの奇跡。
しゅうへいさんがススメているまとめ記事を実践して5日目で、しゅうへいさんのYouTube動画をまとめてツイート。
1リツイートをしゅうへいさんにしていただく事によって、おそるべししゅうへい砲!
現時点で、インプレッションが3,620 です。

*先日、初クソリプいただきました。
若干凹みましたがその程度で凹んでいるとどうしようもないので切り替えようと思います。

まとめ

逃げることで、後悔してしまった。
逃げる時は逃げてもいいが、行きたいやりたいなど思ったら迷わずに行動。